打倒イケメン!ブサイクでもモテるようになる具体的な9つの方法

あなたは自分のことをブサイクだと思っているし、なんなら顔にコンプレックスを持っているかもしれない。

しかし諦めるな。

ブサイクもモテるようになれるし、イケメンよりもモテることは簡単だ。

ここでは打倒イケメンを目指して、具体的にモテる方法を9つ解説する。

これを読めば、どんなブサイクでもモテるようになる。最後には顔面コンプレックスの乗り越え方もメモしているので参考にしてほしい。

※多くの恋愛サイトで書かれたモテる方法は「結局どうすればいいんだよ」という内容が多いが、当サイトを読めば「なるほど、こうするのか」と納得してアクションにつながる。

目次

1.ブサイクでもモテるための9つの方法
2.顔面コンプレックスの乗り越え方

1.ブサイクでもモテるための9つの方法

ブサイクでもモテる男になるための、9つの方法を解説していく。

どの方法も単体でやるのではなく、複合的に少しずつやっていくのがモテる男になるポイントだ。

自分がやりやすいものから試していこう。

※完全にこれらの方法をマスターすれば、どんなにブサイクでも、女性を3人口説けば1人は落とせる男になれる。

方法1.清潔感をあげる

モテる方法その1は、清潔感をあげること。

よく「モテるためには清潔感が大事」と言われているが、これは真実だ。というより、モテる・モテない以前の話で、清潔感がない男は女性から嫌われる

誰だって不潔な人には近づきたくない。たとえば、あなたがデ○ヘルを頼んで、めちゃくちゃ可愛い女性が来たとしても、口臭・体臭がイカ臭かったら萎えるのではないか?

つまり清潔感がない人間は、恋愛の土俵に立つ資格がないと言える。

清潔感をあげるチェック項目

では実際に、どのように清潔感をあげればいいのか?

以下に清潔感をあげるためのチェック項目をまとめた。もしも不潔なところが該当すれば、今すぐにでも改善してみてほしい。

チェック項目 改善策
・目に髪がかかっていないか 眉上の髪型に変える
・髪がボサボサになっていないか ワックスをつける
・寝癖がついていないか 朝ドライヤー
・髪がプリンになっていないか 染める(黒が無難)
・ニキビがないか 皮膚科にいく
・肌がガサガサになっていないか メンズ化粧水を使う
・目の下にクマがないか コンシーラーを使う
・唇の血色は良いか 薄く口紅を引く
・眉毛は左右統一か 美容院にいく
・眉毛は1.5mm以下か セルフ眉毛カット
・鼻毛が出ていないか セルフカット
・目やにが付いていないか 朝チェック
・歯が汚れていないか ボワイトニング
・口臭は酷くないか ブレスケア
・体臭はきつくないか 美容外科にいく

それぞれ改善策とともに毎朝のチェックを欠かさずすることが大切だ。

特に、デート前などに念入りにしておけば、清潔感あふれるモテる男を演出できる

※髭・タバコは8割以上の女性がNGなので、本当にモテモテになりたいならやめるのがベター。

方法2.おしゃれを磨く

モテる方法その2は、おしゃれを磨くこと。

おしゃれも清潔感と同じように必須で改善すべき項目である。なぜなら、女性はおしゃれじゃない男と、街を歩きたいとは思わない。恥ずかしいからだ。

これは逆の立場で考えれば良くわかる

たとえば、あなたが制服を来ている時は可愛いクラスのマドンナとのデートが決まったとする。しかし、マドンナの私服がレディーガガのような前衛的なものだったら、デートするのをためらってしまうだろう。そもそもデートする場所にも気を使う。

つまり、自分のためにも、相手のためにもおしゃれをすることは大切だ。

ブサイクが目指すおしゃれ

モテない男がおしゃれをしようとすると、多くの場合は「個性の強すぎる痛い服装」になってしまう。個性が強すぎる=違和感を感じさせる服装はモテない

たとえば、「原色のキツイTシャツ」「サイズの合っていないチェックシャツ」「全身黒ずくめ」「社会人のくせに腰パン」「秋のタンクトップ」などのがあげられる。

よって、ブサイクが目指すおしゃれのポイントは、「違和感がないかどうか」になる。女性が違和感を感じる服装と言うのは、世の中のメンズ8割がしていない服装のこと。

おしゃれに個性は必要ないので、女性が一緒に歩きたいと思うような服装をすることが大切だ。

おしゃれになるための手順

おしゃれになるためには、下記の手順を参考にしてほしい。これをそのまま実行すれば、おしゃれな服装をするという点では100点をとれるだろう。

手順1.GLOBAL WORKかUNITED ALLOWSに行く

手順2.女性orイケメン店員に「無難にデートにいける服装を選んでください」と言う

手順3.全身コーデをしてもらい、そのまま全て購入する。(1.5万円前後)

手順4.全身コーデしてもらった服装で、ABCマートなどの大型靴屋に行く

手順5.店員に「この服に無難にあう靴を選んでください」と言い、購入する。(1万円前後)

これならばトータル3万円以下で、おしゃれな男になることができる。風俗に行くよりも安くできる素晴らしい自己投資なので、ぜひともおしゃれ貯金をしてほしい。

生まれ持ったブサイクな顔はどうにもならないが、清潔感・おしゃれは変えることができる。モテる男になるに当たって、この2つはキッチリ抑えておこう。

※おしゃれ上級者になりたければ、小物で違和感をだす。腕時計・ネックレス・帽子などを利用するのが良い。

方法3.お金を稼ぐ

モテる方法その3は、お金を稼ぐこと。

お金をたくさん持っている男はモテる。なぜならお金持ちは、女性ができない体験・経験をさせてあげられるからだ。

たとえば、あなたが女性とのデートをするとして、フェラーリで登場、そのままドライブで高級フレンチに、貸切のサプライズオーケストラを聞かせて、ジェット機でホテルスイートまで直通、なんてことをすればアイドル・女優・女子アナでも落とせる。

さすがに上記は極端すぎる例だが、お金持ちがモテることは真実。女性に経験をプレゼントすればするほど、ブサイクでもイケメンに圧勝することができる

つまり、稼げば稼ぐほどモテる男に近づく。

お金を稼ぐ方法

かといって、いきなりお金を稼ぐことは難しいと思う。学生なら研究が忙しかったり、社会人なら副業禁止で稼げない人もいるだろう。

そこで、おすすめの稼ぐ方法は「ネットでの副業」である。ネットでの副業であれば、時間を気にせずに稼げる。また、稼いだ収入を引き出すのも、親の名義にしておけば会社にバレることがない

パソコンに疎くて何もできないという人でも、WEBライターというネット上の記事を書く職業なら誰でもできる。書いた文字が「1文字1円~」とそのままお金になるので、とっつきやすく稼ぎやすい。

帰宅してから毎日「2時間で3,000文字」を書く習慣を身につければ、3,000円×30日=90,000円と結構な副収入になる。まずは試しに1ヶ月、自分を追い込んでみよう。

努力とお金は裏切らない。稼いだお金をケチらずモテるために使えば、あなたは絶対にモテる男になれるだろう。

※デートではチェーンの飲み屋を使わない、デート代は全て負担、女性にデザートをすすめる、タクシーを躊躇なく使う。これらは基本中の基本と捉えよ。

方法4.身体を鍛える

モテる方法その4は、身体を鍛えること。

鍛えている男はブサイクであってもモテる。身体も魅力の一つだからだ。

どんなにイケメンな男性がいてもガリガリだったら「弱そう・頼りなさげ」に見える。逆に、身体を鍛えている男性ならブサイクでも「強そう・頼れそう」に見えるので、女性からの好感度は上がる。

女性は本能的に「強そうで頼りがいのある男性」を求めているので、身体を鍛えるのはモテる男になる重要なポイントだ。

魅力的な身体を作る方法

身体を鍛えるにあたって、目指すべきは細マッチョだ。女性は「男性が腕まくりをした時にチラッと見える筋肉」に魅力を感じるので、これが一番モテる。

デブな人は食事制限・筋肉トレーニングをして、ガリガリな人は食事量増加・筋肉トレーニングをして細マッチョを目指そう。

逆に、現在ボディービルダーのような身体を持っている人は、少し筋肉を落とすのがおすすめ。細マッチョ以上の身体では、女性に威圧感を与えてしまい怖がられることがあるからだ。

筋肉は友達。細マッチョになってお姫様を抱っこしてあげよう。

※具体的な筋トレ方法はこちらの記事を参考に。

方法5.コミュニティを作る

モテる方法その5は、コミュニティを作ること。

集団の中で1番になれる男性はモテる。だが、ブサイクはコミュニュティ内での1番をとることが難しい。多くの場合はイケメン・リア充軍団に負けてしまうだろう。

なので、自分でコミュニティを作ってしまうことがおすすめだ。コミュニティ創始者は必然的に、集団の中で1番になることができるからだ。

既存のコミュニティで1番を取るよりも、新しく作ってしまうほうが簡単である。

コミュニティを作るポイント

作るコミュニティは、自分が得意なこと(スポーツ・アート系)でもいいし、ただ飲み会を毎月開催するだけの簡単なコミュニティでも良い。

コミュニティを作るポイントとしては、友人・知人を入れないことが大切だ。これらを誘ってしまうと、本当の自分(陰キャラ)が見え隠れしてしまう。

では、どのように人を集めるのかというと。

今はネットの時代である。無料で集客できるメディア媒体があるのでそこを使おう。たとえば、こくちーず・イベント.コムなどのサイトを利用して、カフェ交流会イベントを開催すれば1回に15人くらいの人が集まる。

1回目に参加した人が、2回目にも来てくれたらコミュニティは完成する。あとは、あなたはコミュニティ創始者として、モテスパイラルに突入だ。

方法6.トークを鍛える

モテる方法その6は、トークを鍛えること。

トーク力がある男はモテる。

会話はコミュニケーションの基本であり、トーク力がある人間はそれだけで社会的に成功する。安定志向の強い女性にとって、トーク力の高い男性を求めるのは必然なのである。

だからといって、これから無理に笑い話を仕入れる必要はない。トークの大事なポイントは、自分の話はせず、女性を主人公にすることだ。

モテるトークとは

結論から言うと、モテるトークは「質問、加えて質問、あいづち、褒めて、少しアピールする、また褒める」の繰り返しである。

このトークサイクルを回すと、女性の承認欲求をこれでもかというほど満たせるので、女性は「もっとブサイク君と一緒にいたい!」と思うようになる。何を話すかより、何を聞くかに集中しよう。

質問をたくさんすれば、あいてに興味があることを示せるし、誰でも悪い気はしない。

モテるトークの詳細は成功するデートの誘い方・時間・場所・話し方まとめ【保存版】の「目次4.デートで何を喋るか・聞くか」を参考にしてほしい。

方法7.女性心理を知る

モテる方法その7は、女性心理を知ること。

モテないブサイク男ほど、女性に幻想を抱いている。

まずはその幻想をぶっこわそう。

下記に、女性との関係性と、告白の成功率をグラフにした。

女性は関係が深まるほど、その男性と付き合いたくなる生き物。

つまり、1回目のデートで関係性を深めるほど、告白は成功する

逆を言えば、出会ってキスもしていないのに告白するんて失敗確率大なわけである。なぜなら、それは女性心理と逆行したアクションだからだ。

方法8.口説く方法を知る

モテる方法その8は、口説く方法を知る。

口説くとは、告白を成功させること。

これにも正しい手順がある。

この通りにやれば、先に説明した女性心理を捉えながら、告白は確実に成功することになる。

方法9.自信をつける

モテる方法その9は、自信をつけること。

これまで紹介した方法を使えば、どんなブサイクでも間違いなくモテる男になること。

しかし、最終的な第一歩を踏み出すためには自信が必要不可欠。実際に恋愛テクニックをうまく使うには、それなりの自信がないとうまくいかない。

自信をつけるには「実践経験」が一番だ。

たくさんの女性と出会い、実践を積み重ねよう。何百回にもわたるトライアンドエラーが、あなたの自信に少しずつ変わっていく。

そうすれば顔に関係なく、モテる男に100%変わることができるだろう。

あなたの人生が輝くことを祈っている。

2.顔面コンプレックスの乗り越え方

最後に顔面コンプレックスについて綴る。

メモのように乱雑な文章なので、興味がない人は飛ばして良い。

顔面コンプレックスは理解できる

顔じゃない、大事なのは顔つきだ。

。。。

そうは言っても、顔面コンプレックスだけはどうにもならないだろう。できることなら、整形してしまいたいと悩んでいる人もいるだろう。

私にもその気持ちが痛いほど分かる。

子供のころから、顔が左右にずれているように感じることがコンプレックスだった。鼻が大きいのがコンプレックスだった。肌が弱くてニキビができやすかった。毎朝、起きてから鏡を見るのが嫌だった。

めちゃくちゃに悩んで、めちゃくちゃ苦しんだ。

だからこそ分かる。

顔面コンプレックスが。それによって自信をなくす理由が。顔のせいでモテないと思い込む理由が。

このままではだめだ。変われ

顔は変えられない。心は変えられる。

だが、毎日毎晩ずっと「顔をバカにされたらどうしよう・・・」と怯えながら生きるなんてモッタイナイ。ブサイクが馴れ合っていても何も始まらない。

このままでは一生モテない・顔面コンプレックスを抱えたまま生きることになる。ブサイクだからこそ、モテて自信を取り戻すべきだ。

それでも、8つの方法を試すことでモテた。今では、どんな女性とも寝れるし、付き合うこともできる。まずは嘘だと思って方法を一つ一つ試してみてほしい。

モテるようになれば、顔の良し悪しなんて気にならなくなるから。

顔をバカにされた時の切り返し

そもそも顔をバカにしてくる奴は、精神年齢が圧倒的に低いと思っていい。そんなクソガキのために、君がストレスを貯める必要は絶対にないのだ。

それでも大人な対応を求められるのが日本国。

そこで!

バカにしてきた奴に、ハッと目が醒めるようなユーモアで切り返して、さらにそいつをギャフンと言わせるような一言二言を用意しておこう。次からは思いつく限り、切り返しを考えた。

たとえば、目が小さいなら

バカ「目ちっせー、どこについてんの?」

あなた「自分でわかるわけないだろ」

しゃくれているなら

バカ「しゃくれすぎだろ」

あなた「お前をアゴで使うためだよ」

ハゲているなら

バカ「ハゲてる、、、」

あなた「うるさいハゲ!(間)あ、ブーメラン」

ニキビが多いなら

バカ「肌きたなくね?」

あなた「破壊と再生がすごいんだよ」

鼻がでかいなら

バカ「鼻でか」

あなた「幸せを吸い込みすぎてるからな」

まとめ

結局、自分を助けられるのは自分だけ。

まずは変わることを決意しよう。

ここでは具体的に方法を記している。何をすればいいかは明確。

それを知識として行動に移すのか、腐らせてしまうのかは自分次第だ。

がんばれ。

 

モテる男

「彼女の作り方」「セ○レの作り方」「童貞の捨て方」 恋愛の悩み相談は、お問い合わせから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA